New Road(ニューロード)

menu

アイドルやタレントを妻にした日本代表サッカー選手 結婚前と後の成績に変化は 

ソフトバンクの松本裕樹が、SDN48のメンバーだった甲斐田樹里と結婚後初勝利を挙げた。松本と甲斐田夫婦以外にも、このオフには元AKB48の板野友美とヤクルトの高橋奎二も入籍している。

 

選手がアイドルやタレント、モデルを伴侶とするのは野球界にとどまらず、サッカー界にも多い。選手は結婚して成績を上げているのか。主な選手の結婚前と後の成績を比較する。

 

サッカー界のレジェンド横浜FCの三浦知良は、Jリーグが始まった1993年の8月にタレントの設楽りさ子と結婚した。この年、5月15日から7月14日までの第1ステージは2位。タレント軍団のヴェルディは優勝候補筆頭でありながら、鹿島アントラーズに優勝を許し、三浦自身も18試合で5得点にとどまった。

 

しかし、結婚直前の7月24日から始まった第2ステージではリーグの主役に。18試合で15得点の活躍で、チームを優勝に導いた。そして、鹿島とのチャンピオンシップを制し、年間王者に輝いた。三浦は日本人トップの20得点をマークし、最優秀選手賞も手にしている。

 

他の日本代表経験のある選手はどうだったのか。成績を見てみる。上が結婚前、下が結婚後の成績。

 

☆中山雅史(磐田)1996年3月 タレント・生田智子と結婚

1995年 J1 45試合 18得点 ※この年まで2ステージ制

1996年 J1 27試合 9得点/カップ戦 13試合 7得点

 

☆鈴木啓太(浦和)2008年8月 女優・畑野ひろ子と結婚

2007年 J1 33試合 1得点/カップ戦 1試合 0得点

2008年 J1 23試合 1得点/カップ戦 3試合 0得点

2009年 J1 32試合 1得点/カップ戦 7試合 0得点

 

☆稲本潤一(川崎)2012年12月 モデル・田中美保と結婚

2011年 J1 12試合 2得点/カップ戦 1試合 0得点

2012年 J1 20試合 0得点/カップ戦 3試合 0得点

2013年 J1 25試合 0得点/カップ戦 10試合 0得点

 

☆柿谷曜一朗(C大阪)2016年12月 タレント・丸高愛実と結婚

2016年 J2 20試合 5得点/カップ戦 ―

2017年 J1 34試合 6得点/カップ戦 8試合 2得点

 

☆槙野智章(浦和)2018年1月 女優・高梨臨と結婚

2017年 J1 32試合 2得点/カップ戦 1試合 0得点

2018年 J1 32試合 4得点/カップ戦 8試合 1得点

 

日本代表経験のある以下の選手は結婚当時、海外のチームでプレーしていた。

柳沢敦 モデル・小畑由香里(2002年)

鈴木隆行 モデル・橋本優子(2009年)

松井大輔 女優・加藤ローサ(2011年)

長谷部誠 タレント・佐藤ありさ(2016年)

長友佑都 タレント・平愛梨(2017年)

柴崎岳 女優・真野恵里菜(2018年)