投稿者: 角谷 剛 (かくたに ごう)

アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州内の2つの高校で陸上長距離走部の監督と野球部コーチを務める。

【研究結果】スポーツと心理学「古巣へのリベンジ」は実在するか

プロスポーツの世界では、選手がチームを移籍することも、その選手が以前に所属していたチームと対戦することもよく起きる。そして、古巣を相手にするときには、以前より高いパフォーマンスを発揮することも珍しくない。そうした現象を、英語のメディアでは「リベンジ」と呼... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…

【トレーニング】「縄登り」のメリットと2種類の方法

1980年代に人気を博した漫画『柔道部物語』に、縄登りが登場する。「引きつける力を強くするためにはどのようなトレーニング方法がよいか」と質問した生徒に、顧問指導者がそれを薦めたからだ。 柔道では、技をかけるときに相手の道着を掴んで自分に引きつけ、バランス... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…

【研究結果】静的ストレッチには故障を防ぐ効果がない

どのような種類のスポーツであっても、トレーニングや競技の前後にストレッチを行うことは伝統的ですらあるだろう。しかし、その目的は変化している。ストレッチには大別すると、同じ姿勢でじっとして筋肉や関節を伸ばす「静的ストレッチ」と、軽い動きを伴う「動的ストレッ... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…

【研究結果】筋トレで挙げる重量と回数に関する定説を疑う

筋トレで挙げる重量と回数、そしてセット数を決める際は、「パワーをつけるなら高重量低回数、持久力をつけるなら低重量高回数」がほぼ定説のようになっている。その定説をプログラムに置き換えると、例えば下のようなものだ。 <筋肥大が目的> 高重量少回数(最大挙上重... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…

【研究結果】風除け効果はエリートランナーだけのものではない

オリンピック2連覇や度重なる世界記録更新など、史上最高のマラソンランナーと呼ばれるエリウド・キプチョゲ選手。彼が成し遂げた偉業の数々は枚挙に暇がないが、特に異彩を放っているのは、人類初のフルマラソン2時間切りを実現したことではないだろうか。2019年10... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…