投稿者: 角谷 剛 (かくたに ごう)

アメリカ・カリフォルニア在住。米国公認ストレングス・コンディショニング・スペシャリスト(CSCS)、CrossFit Level 1 公認トレーナーの資格を持つほか、現在はカリフォルニア州内の2つの高校で陸上長距離走部の監督と野球部コーチを務める。

【研究結果】長時間座りっぱなしの仕事が死亡率を上げる。身体的活動の重要性が浮き彫りに

デスクワークが仕事の中心で椅子に座っている時間が長い職業に就いている人はそうでない人と比較してすべての原因による死亡率が16%高くなる。心血管疾患に限るとその差は 34% になる。 ある種の人々に不安を感じさせるかもしれない結果を明らかにした研究(*1)が... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…

【研究結果】「1度に20g以上のプロテイン摂取は無駄」説は間違っていた?

プロテイン・パウダーを大袋で購入すると、大抵は15~20gほどの計量スプーンがついてくる。プロテイン・バーのパッケージに記載されている1本に含まれるたんぱく質の量も同じ程度のことが多い。 その背景には「たんぱく質を一度にたくさん摂ってもすべてが筋肉になるわ... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…

【研究結果】ヒップスラストを追加することによる下半身強化の効果

スクワット、デッドリフト、そしてベンチプレスは筋トレ種目のビッグ3と呼ばれる。いずれも複数の筋肉群を鍛えることができる複合関節動作であり、バーベルと重量プレートを用いるフリーウェイト種目であることでも共通している。 とくに下半身を鍛えることを目的とする場合... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…

【研究結果】わずか20分の運動が睡眠不足の脳を活性化する

日本人の多くが必要なだけの睡眠を取れていないとはよく言われることだ。もちろん好ましい状況ではない。一般的に睡眠不足は身体的な回復を妨げ、脳の認知機能を低下させる。引いては注意力が散漫になり、適切な判断が下せなくなり、感情的な気分も悪くなる。 ところが、睡眠... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…

【研究結果】脳しんとう対策はあらゆるスポーツに必要

米国で最も人気のあるスポーツと言えばアメフトであるが、実は若年層の競技人口には年々陰りが出始めている。競技の性質上、激しい肉体的接触を伴うため、故障が後を絶たないことがその大きな要因として考えられる。 とくに脳しんとうの危険は深刻だ。アメフト選手が引退後も... 続きを読む

角谷 剛 (かくたに ごう)アメリカ・カリフォルニア在住。米…