New Road(ニューロード)

menu

子どもの将来の夢1位は? スポーツ選手は順位落とす 新型コロナで考え方に変化

新型コロナウイルスの感染拡大で、これまでの生活や考え方は大きく変わっている。それは、子どもたちも同じ。未来へのビジョンも変化しているようだ。ベネッセコーポレーションが展開する「進研ゼミ小学講座」が、全国の小学3年生から6年生を対象に将来やってみたい仕事についてアンケートを取った。

 

【小学生男子】

①ゲームクリエイター・プログラマー(343票)

②ユーチューバー(339票)

③サッカー選手(187票)

④野球選手(166票)

⑤研究者・科学者(104票)

⑥漫画家・イラストレーター(93票)

⑦医師(77票)

⑧芸能人(74票)

⑨バスケットボール選手(67票)

⑩会社員(61票)

【小学生女子】

①芸能人(535票)

②漫画家・アニメーター・イラストレーター(478票)

③パティシエ(396票)

④ユーチューバー(291票)

⑤保育士・幼稚園の先生(260票)

⑥デザイナー(243票)

⑦学校の先生(221票)

⑧看護師(208票)

⑨医師(191票)

⑩動物園・水族館の飼育員(159票)

 

男女とも上位に入ったのは「ユーチューバー」。エンタメ関連の仕事も人気だった。その理由を「コロナ禍によって自宅で過ごす時間が増えたことで子どもたちのテレビやインターネットの視聴時間が増えた。エンタメがより身近なものになり、将来やってみたい仕事として認識されたと考えられる」と分析しています。また、医師や看護師もトップ10入り。新型コロナの長期化で医療現場の過酷さ、重要性が報道され、「自分もなりたいという気持ちを抱いているのかもしれない」と指摘している。

 

一方、かつて上位を占めていたスポーツ選手は順位を落としている。ベネッセ教育総合研究所などが2015年に行った調査によると、小学4年生から6年生のなりたい職業は男子の1位がサッカー選手、2位が野球選手。この2つで全体の4分の1を占めていた。エンタメ関連でトップ10に入ったのは、男子のゲームクリエーター・プログラマー(5位)と、女子の漫画家・イラストレーター(8位)の2つ。中学生でもサッカー選手は2位、野球選手は7位と憧れの存在だった。

 

さらに、その5年前の2010年、同様の調査では小学生の1位が野球選手で、2位にサッカー選手、8位にはバスケット選手が入った。中学生も1位の野球選手、2位のサッカー選手は変わらなかった。

 

スポーツの大会やイベントは、新型コロナの感染拡大により中止や規模縮小が相次いでいる。3密が避けられず、感染リスクの面からも積極的に勧めることが難しい競技も少なくない。子どもは社会を映す鏡。その夢も社会を反映している。