New Road(ニューロード)

menu

朝倉未来プロ初の1本負け タップ拒否の美学に賛否の声

総合格闘技イベント「RIZIN.28」が6月13日に開催された。メーンスペシャルマッチでは、人気ユーチューバーでもある格闘家の朝倉未来が、クレベル・コイケと対戦した。

 

注目の一戦は衝撃の結果となった。2ラウンド。朝倉はコーナーでグラウンドに引き込まれると、足を首に絡められた。1分51秒、三角締めでプロ初となる1本負け。タップをせず、失神してマットに沈んだ。

 

朝倉は試合前に敗戦を認める「タップ」をしないと公言していた。その言葉通り、クレベルの三角締めで気を失ったまま敗れた。クレベルは「彼は本当にタップしなかった。本当に侍魂がある。本物の男」と称えた。

 

インターネット上でも、朝倉の精神力を賞賛する意見もあったが、反対する声も上がった。タップの拒否は一歩間違えば命を失う行為だけに「タップはスポーツとして必要なルール」、「今回はクレベル選手が失神を確認してレフリーにアピールするだけの余裕と人格があったからよかったが、生死を分けるくらいの危険がある」などのコメントもあった。

 

また、タップの拒否は真剣勝負を妨げるという指摘もあった。「タップしないのは強さではなく、負けを認められない弱さではないか」、「タップせずに相手が死んでしまうと思ったら、本気で試合ができなくなる。相手への敬意を欠く行為」と厳しい意見も並んだ。

 

朝倉は試合後、引退も示唆していた。しかし、一夜明けて更新した自身のインスタグラムでは「少し休んで、また頑張ろうかな」と現役続行の意向を示している。