New Road(ニューロード)

menu

丸川五輪相が東京五輪のボランティア全員に「ワクチン接種検討」で批判の声が殺到

 丸川珠代五輪相が8日、東京五輪・パラリンピックのボランティア全員に対して、新型コロナウイルスのワクチン接種を検討していると発言した。

 

 丸山五輪相は参院文教科学委員会で日本維新の会の松沢成文氏に「全てのボランティアが対象になるか」と質問され、「その方向で進んでいこうと合意している」と述べた。また、一般接種に影響が出ないことを前提にした上で、「安全安心の大会を実現するためにどのようなことができるかよく検討していく」と語った。

 

 大会ボランティアは7万人を超えるとされている。一般紙の政治部記者は「対応が遅すぎます。ワクチンを2回目の接種をしてから免疫がつくまでに数週間程度の時間が必要です。今からボランティア全員に一回目の接種をしたとしても、五輪を開催する時に免疫を獲得することは難しいです。しかも、現時点で検討段階。現実的な話ではないでしょう」と首をかしげる。

 

 SNS、ネット上でも「安心・安全を繰り返すなら、今頃検討とか、危機感無さ過ぎ。五輪を開催するなら、本来とうの昔に完了していて欲しいこと。だから政府は信用されず、国民の分断にもつながっている。根本的に政府のワクチンの手配が遅かったから、今さら検討しなければならない状況になっている。今頃になって、ワクチン接種が加速した、加速したと喜んでいる人もいるが、それは結局これまで後手過ぎたからに他ならない」、「今検討では2回目接種して抗体できるまで間に合わないのですが、やはり延期か中止にされます?何ならスタッフだけでなく、開催までには対策がなされると期待してチケットを持っている一般客のことも考えていただきたいのですが無視ですか?それとも一般人は新型コロナウィルスや変異株にかかっても仕方がないと?」など政府の対応の遅さに批判的な意見が目立った。