New Road(ニューロード)

menu

韓国次期大統領候補が竹島問題で東京五輪ボイコット示唆に、「日本はなめられている」の指摘が

 東京五輪の公式ホームページ上で竹島(韓国名・独島)の表記問題について、韓国の次期大統領候補の丁世均前首相が「東京五輪ボイコット」を宣言したことが、大きな反響を呼んでいる。

 

 韓国政府は日本政府に竹島の表記を削除するよう要請したが、日本側は拒否。すると、丁氏はこの事態を静観していた国際オリンピック委員会(IOC)の姿勢を批判した。

 

 韓国メディア・民衆の声によると、丁氏は「政治的中立は五輪の最も重要な原則だ。東京五輪の地図で独島表記は大韓民国に対する日本の明白な政治的挑発で、公平性の違反、五輪精神の毀損にあたる。IOCは自ら五輪精神を毀損している」と批判、さらに、「改善されなければ、国民の意思を受けて五輪をボイコットしなければならない」と東京五輪の参加を辞退する選択肢を示唆した。

 

 日本のSNS、ネット上では、「大統領になる人たちのルーティンだよ。反日を叫びつつ当選して喜び。支持率が下がっても反日を唱え支持率回復。伝家の宝刀であるはずの反日も、実は自分達の首を絞めてる事に気付くのが中盤。終盤に差し掛かると国の経済成長の鈍化と失業率、不景気で国民の不満マックス。そして日本へすり寄ってくる」、「韓国にとって日本叩きは、やり易いんだろうね。どんなに罵詈雑言を浴びせても、危険な挑発行為をしても、遺憾だけの言葉で済ませてくれるもの。なめられているとは、日本政府は思わないのかな?」などのコメントが。

 

 丁氏の発言だけでなく、日本政府の対応にも苦言を呈する意見が少なくなかった。