New Road(ニューロード)

menu

大分DF三竿が試合後に謝罪 押し倒された浦和DF槙野の「神対応」に称賛の声が

 

 思わぬ形で批判の声が殺到した。浦和―大分で、浦和が開始3分に先制したが、前半のうちに2失点を許して逆転された。

 

 ここでDF槙野智章が奮起した。後半30分にMF小泉佳穂の浮き球パスに反応し、ダイレクトボレーでゴールを決める。スコアを22と振り出しに戻し、ゴール内に収まったボールを拾おうとすると、DF三竿雄斗と交錯。三竿は思わず左手で槙野を押し倒してしまった。槙野はそのまま急いで自陣に戻り、後半37分にMF田中達也の決勝ゴールで逆転勝利を決めた。

 

  しかし、三竿の行為に対して批判の声がSNS上で殺到。三竿は試合後に自身のツイッターを更新し、「本日の試合の2失点目の後にネットに入ったボールを取り合った後に槙野選手を押して倒してしまった場面ですが、槙野選手、浦和サポーター、ファンの皆様、不快に思われた全ての方々へ謝罪したいと思います。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。「軽くポンって押した感覚で意図して転ばせようとかは全く思っていません」と故意でなかったことは訴えた上で、「それでも映像上は印象が良くないのはわかりますし、不必要な行動でした。改めて槙野選手、浦和レッズの関係者やサポーター、Jリーグのファンの皆様、申し訳ありませんでした」と重ねて詫びた。

 

 すると、槙野はSNSで「気にするな!」と返信。「オフの旅行先で一緒に宮古島の船に乗って語った仲じゃないか!またお互い頑張ろぜ!」と互いの健闘を祈った。SNSやネット上では「スポーツマンですなー。起きたこと、起こってしまったことはしょうがないけど、すぐに反応して、寛大になれるところは超一流です」、「槙野は表面に出てるものが過剰にクドいだけで、中身は普通に紳士だからな。わざわざ称賛されるほどのことではないかもしれないが、余計な発信(ラフプレー擁護とか審判批判とか)してる選手よりは相当マシなSNSの使い方だ」など三竿、槙野の対応に称賛の声が多く寄せられた。