New Road(ニューロード)

menu

五輪開会式で“容姿侮辱演出”の余波 ネット上にテレビ局不要論

◆文春のスクープ テレビで連日放送

東京オリンピック・パラリンピックの開会式の演出を統括する立場にあったクリエイティブディレクターの佐々木宏氏が、タレントの渡辺直美氏の容姿を侮辱するようなメッセージをLINEで送っていたと、文春オンラインの報じた記事が思わぬ広がりを見せている。

 

文春オンラインが17日に伝えてから連日、この問題はテレビで取り上げられている。「不適切な演出」、「佐々木氏が統括を務める経緯への疑問」を主なテーマとして、司会者やコメンテーターらが意見を述べている。これに対し、インターネット上では、多くの人がテレビ局の姿勢に疑問を投げかけている。

 

番組で文春オンラインの内容をそのまま報じていることに「文春の記事をもとに番組を構成しているにもかかわらず、番組として追加取材による検証がない。日本の報道機関は、そこまで劣化したのか」とあきれる声があり、多くの賛同を得ている。

 

◆週刊誌頼みのテレビ局に疑問

さらに、その方針はワイドショーや情報番組だけでなく、ニュース番組にまで広がっていることから「文春の内容が間違っていたとしても、自分たちは文春の記事を流しただけだから責任はないという考えが透けて見える。週刊誌のスクープを放送しているだけの番組で、ジャーナリズムや報道の責任を訴えられても説得力がない」、「今回に限らないが、テレビ局は週刊誌におんぶに抱っこの状態。週刊誌の記事を伝えるだけ、行政の発表をただ伝えるだけで、独自の取材や視点がない。どの局も内容が似ているし、ネットを見れば分かるのでテレビ局の存在意義を感じない」といった意見もあった。

 

広告収入でインターネット業界に抜かれたテレビ業界。急速にテレビ離れが進んでいる理由の1つは、取材力や番組構成にあるのかもしれない。