New Road(ニューロード)

menu

東京2020パラリンピック「車いすテニス」の競技解説

東京2020パラリンピックで実施される「車いすテニス」。ほぼ一般的なテニスと変わらないルールの中で行われ、クアードと呼ばれる男女混合のクラスも用意されている。その見どころなどについて、ここで詳しく解説しよう。

車いすテニスの競技概要

車いすテニスは男女別のシングルスとダブルスのほか、比較的障がいの程度が重い方が行う男女混合のクアードクラスも実施されている。ツーバウンドでの返球が認められている以外は、コートの広さやネットの高さ、ボールなど一般のテニスとルールは変わらない。車いすを使用しているからこそ生まれる、工夫や独特なプレースタイルが見どころだ。

車いすテニスは下肢に障がいがあり、車いすを使用する脊髄損傷、下肢切断など障がいの種類はさまざまである。下肢だけでなく、上肢にも障がいのある障がいの重い選手が出場するクラスも存在する。握力を補うためにテーピングでラケットと腕を固定してボールを打ち返す選手や、車いすを操作することが難しい選手は電動車いすを使用する。

東京2020パラリンピックでの実施種目

  • シングルス(男子・女子)
  • ダブルス(男子・女子)
  • クアード シングルス(混合)
  • クアード ダブルス(混合)

車いすテニスの見どころ

車いすの操作で難しいのが方向転換。相手が打ち返してくる場所を予測し、準備することが重要となる。返ってくるコースを予測することで、動き出しを早くして厳しいコースに来るボールにも追いつけるのだ。お互いに予測を働かせ、将棋のように数手先を読むなど激しい頭脳戦が車いすテニスの見どころと言えるだろう。

日本からは男子6名・女子4名の選手たちが出場。特に注目されているのは、2008年の北京大会と2012年のロンドン大会において、男子シングルスで史上初の連覇を飾った国枝慎吾選手。そして、2016年のリオデジャネイロ大会で女子シングルス銅メダルに輝いた上地結衣選手だ。二人はグランドスラム大会でも何度も優勝を果たしているトップ選手で、東京2020パラリンピックでもメダルの期待がかかっている。日本は他にもさらなる成長を遂げた若手選手たちを揃えており、車いすテニスは世界でもその存在感を増している。

クラスと内容

クラスは大きく以下2つに分けられ、それぞれシングルスとダブルスの種目が行われる。

  • 下肢に障がいがあり車いすを使用する男女別のクラス
  • 上肢にも障がいがあり、比較的障がいが重い男女混合のクアードクラス

東京2020パラリンピックでの競技スケジュール

2021827日(金)11:0020:00

  • 男子シングルス1回戦
  • 女子シングルス1回戦
  • クアードダブルス準々決勝

2021828日(土)11:0020:00

  • 男子ダブルス1回戦
  • 女子シングルス2回戦
  • 女子ダブルス1回戦
  • クアードシングルス1回戦

2021829日(日)11:0020:00

  • 男子シングルス2回戦
  • 男子ダブルス2回戦
  • 女子ダブルス準々決勝
  • クアードシングルス準々決勝

2021830日(月)11:0020:00

  • 男子シングルス3回戦
  • 男子ダブルス準々決勝
  • 女子シングルス準々決勝
  • クアードダブルス準決勝

2021831日(火)11:0020:00

  • 男子シングルス準々決勝
  • 男子ダブルス準決勝
  • 女子ダブルス準決勝
  • クアードシングルス準決勝

202191日(水)11:0020:00

  • 男子シングルス準決勝
  • 女子シングルス準決勝
  • 女子ダブルス3位決定戦
  • クアードダブルス3位決定戦
  • クアードダブルス決勝、クアードダブルス表彰式

202192日(木)12:0020:00

  • 男子シングルス3位決定戦
  • 女子シングルス3位決定戦
  • 男子ダブルス3位決定戦
  • クアードシングルス3位決定戦
  • クアードシングルス決勝、クアードシングルス表彰式

202193日(金)12:0018:00

  • 男子ダブルス決勝、男子ダブルス表彰式
  • 女子シングルス決勝、女子シングルス表彰式

202194日(土)12:0018:00

  • 女子ダブルス決勝、女子ダブルス表彰式
  • 男子シングルス決勝、男子シングルス表彰式

まとめ

車いすを操る巧みな技術、そして目まぐるしいラリーの応酬。その中では、お互いの“読み合い”も見どころの一つだろう。日本人選手にもメダル獲得が期待されるだけに、東京2020パラリンピックでも注目される競技である。ここで取り上げた見どころを押さえ、ぜひ競技を観戦してみよう。

▼参考
公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会
公益財団法人日本障がい者スポーツ
パラサポWEB