New Road(ニューロード)

menu

「バスケットボール3×3」はどんな競技?意外と知らない東京五輪の競技種目

バスケットボールという競技は、恐らく多くの方がご存じだろう。しかし「バスケットボール3×3」は、あまり馴染みがないかもしれない。これは、本来のバスケットボールと比べて約半分のコートで行う競技。かつては「3on3」と呼ばれ親しまれていたが、東京五輪からはバスケットボール3×3として正式種目に追加された。ここではバスケットボール3×3について、競技の概要や東京五輪に関する情報をご紹介しよう。

バスケットボール3×3の競技概要

バスケットボール3×3は、通常のバスケットボールに比べて約半分のコートで行わる。攻守が目まぐるしく入れ替わりながら、1つのゴールを狙う競技だ。1チーム3人でプレーし、試合時間は101ピリオドになる。

この競技では、ボールを保持してから12秒以内にシュートを打たなければ、そのチームは攻撃権を失ってしまう。そのため、その場その場でロングシュートを狙うのか、ドリブルで切り込むのかなどを瞬時に判断し、素早く攻めることが必要だ。また、通常のバスケットボールと違い3ポイントシュートはない。ライン外側のシュートは2点、そして内側からのシュートとフリースローは1点。ボールも少し小さい6号サイズを用いてプレーする。勝敗については、競技時間終了時点で獲得点数の多いチームが勝利。ただし一方のチームが21点取った場合は、その時点で試合終了となる。

ストリート生まれのバスケットボール3×3DJが会場で音楽を流しながら行うなど、エンタメ要素の強いスポーツとなっている。そのため、あまりルールがわからない方でも楽しんで観戦できるだろう。

東京五輪|バスケットボール3×3の競技スケジュール

<予選リーグ・準々決勝>

724日(土)10:1522:25

725日(日)10:1522:25

726日(月)10:1522:25

727日(火)13:3022:20

<決勝・3位決定戦>

728日(水)17:0022:25

東京五輪|バスケットボール3×3の日本人出場選手

東京五輪に出場するバスケットボール3×3の日本人選手は以下の8人である。

<男子>

  • ブラウン アイラ(198283日生まれ)
  • 富永 啓生(200121日生まれ)
  • 保岡 龍斗(1995427日生まれ)
  • 落合 知也(1987618日生まれ)

<女子>

  • 三好 南穂(19931221日生まれ)
  • 山本 麻衣(19991023日生まれ)
  • 篠崎 澪(1991912日生まれ)
  • 東藤 なな子(20001129日生まれ)

まとめ

バスケットボール3×3は、本来のバスケットボールコートよりも小さいコートで行わる。その分、攻守が目まぐるしく変わる非常に激しいスポーツだ。競技そのものだけでなく、DJの盛り上げも見どころの1つ。初めて知ったという方でも、きっと楽しみながら観戦できるはずだ。

▼参考
公益財団法人日本バスケットボール協会