New Road(ニューロード)

menu

「天皇陛下、五輪で感染拡大懸念」で、政府の反応に怒りの声が

 宮内庁の西村泰彦長官が24日の定例会見で、「オリンピックをめぐる情勢につきまして、天皇陛下は現下の新型コロナウイルス感染症の感染状況を、大変ご心配されておられます」と天皇陛下が1か月後に迫った東京五輪・パラリンピックで新型コロナウイルス拡大の懸念を明らかにしたことが大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、西村長官は「国民の間に不安の声がある中で、ご自身が名誉総裁をお務めになるオリンピック・パラリンピックの開催が感染拡大につながらないか、ご懸念されているご心配であると拝察しています」と発表したという。「陛下から直接そういうお言葉を聞いたことない。そこは誤解ないように」と強調したが、「陛下はそうお考えではないかと、私は思っています」とも述べている。

 

 菅義偉首相、加藤勝信官房長官はこの発言について、西村長官の個人的見解であるという認識を示している。SNS、ネット上では、「これだけの重いメッセージを、長官個人の見解に過ぎない、と言い放つ加藤と菅。むしろ、海外メディアの方が発言の重大さを敏感に伝えている。そこまで発言を無視するのなら、天皇が直々に菅を呼んで、『個人的に』話をするか。さらには、公の場で、発言するか。国政に関与しないという憲法に違反してでも、日本史に禍根を残さないためには、言うべきことは言うのではないか。そこまでされないとわからないのか、菅、自民党政権は」、「天皇陛下御自身が意見を述べられたら、それこそとんでもない大騒動に発展するだろう。政府は『個人的見解』としているが、勝手に陛下の名前を使って発言したのなら、それも大問題なのでは?少なくとも、陛下の周囲に『懸念』がある事実ははっきりした。陛下に菅総理がどんな報告をしたのかは勿論不明だが、国会の質疑や記者会見の答弁の様な内容では、不安視されるのは当然だろう。あの中身で、安心・安全を確信出来るのは相当おめでたい人種だけだろ」など政府の対応に怒りの声が。

 

 西村長官の発表をどう受け止めるか。政府が「個人的見解」で解釈することに違和感を覚える国民が多いだろう。