New Road(ニューロード)

menu

東京五輪 観戦者へのガイドライン素案公表 「直行直帰求める」に大きな反響が

 東京五輪・パラリンピック組織委員会が18日、観戦者へのガイドライン素案を公表した。新型コロナウイルスの感染防止を徹底するため、マスク着用や手指消毒などの基本的な感染対策のほかに、人流抑制の観点から会場への直行直帰や時差来場、路上での飲食、談笑の自粛などを求めた。

 

 一般紙の政治部記者は「国民の多くが五輪反対に開催している中、不要不急の外出を呼び掛けている中で、五輪は観客を入れることに疑問を感じている見方が多い。政府はその部分でしっかり説明責任を果たさなければいけないと思うのですが…」と首をかしげる。

 

 SNS、ネット上では「オリンピックをわざわざ現地に見に行くような人が直行直帰と言われて素直に応じるのか。とてもそうなるとは思えない。そんなに寄り道が問題だと思うなら無観客にすればいいだけ。もしかして、これで五輪後に感染爆発したら直行直帰しない人が多数いたからと責任を押し付けるつもりなんじゃないのか」、「一般社会は不要不急の外出控えろ?五輪観客有りで開催して、それは無理と言うもの!渋谷のスクランブル交差点 若者で溢れかえりそうですね」と不満の声が目立った。

 

 飲食店や卸売業者は酒類を販売できず、時短営業で苦しい生活が続いている。有観客の五輪開催と整合性がつかないと納得できない思いをしている人が多い。