New Road(ニューロード)

menu

丸川五輪相、選手村のコンドーム、酒類配布に関する「ある発言」に怒りの声が殺到

 丸川珠代五輪相が18日、都内で閣議後の定例会見で、東京五輪・パラリンピックの選手村で配布が予定されているコンドームと酒類について述べた発言が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア各紙の報道によると、丸川五輪相は「組織委員会が検討されると聞いている。組織委員会がどのように検討されるかまず伺ってからご相談をしたい」と語った。

 

 SNS、ネット上では「伺っているではなく、コンドーム配布と酒はやめて欲しいと、強い要望出して議論するとかしないんですか?何のための大臣というポストがあるんでしょうか?」、「自分の責任にされたくないから言葉で濁す。ダメだって分かっていても組織のバックの圧があるから怖くてまるで責任転嫁の典型例。コンドーム配って濃厚接触回避なんかできるわけないんやから議論以前の問題。過去はそれが当たり前だったかもしれないが今は当たり前が変わってることに気付かせる時なんじゃないでしょうか?ってそんなキッパリと意見を言う人いないんかな」など怒りの声が。

 

 一般紙の政治部記者は「丸川五輪相はIOCと足並みをそろえたいからうかつな発言をしないように心掛けているのだろう」と指摘する。新型コロナの感染収束に向けて切実な問題だけに、今後どのような判断を下すのか、IOC、政府、JOCの判断が注目される。