New Road(ニューロード)

menu

侍ジャパンの東京五輪メンバーは実績重視?「ある選手」の落選に疑問の声が

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督が16日、東京五輪に出場が内定した24選手を都内のホテルで発表した。

 

 今回発表されたのは、投手11選手、野手13選手の計24選手。19年のプレミア12優勝のメンバーから14選手が選ばれ、球団別では広島が最多の5選手、ロッテは1人も選ばれなかった。

 

 メンバーは以下の通り。

<投手>

11 菅野智之(巨人)

12 青柳晃洋(阪神)

13 岩崎 優(阪神)

15 森下暢仁(広島)

17 山本由伸(オリックス)

18 田中将大(楽天)

19 山﨑康晃(DeNA

20 栗林良吏(広島)

22 大野雄大(中日)

41 中川皓太(巨人)

61 平良海馬(西武)

 

<捕手>

10 甲斐拓也(ソフトバンク)

27 會澤 翼(広島)

 

<内野手>

1 山田哲人(ヤクルト)

2 源田壮亮(西武)

3 浅村栄斗(楽天)

4 菊池涼介(広島)

6 坂本勇人(巨人)

55 村上宗隆(ヤクルト)

 

<外野手>

8 近藤健介(日本ハム)

9 柳田悠岐(ソフトバンク)

31 栗原陵矢(ソフトバンク)

34 吉田正尚(オリックス)

51 鈴木誠也(広島)

 

 落選した主な選手は岡本和真(巨人)、森友哉(西武)、山川穂高(西武)、柳裕也(中日)、今永昇太(DeNA)、梅野隆太郎(阪神)、石川柊太(ソフトバンク)、宮城大弥(オリックス)

 

 特に高卒2年目で今季61敗、防御率2.31と好成績をマークしている宮城が落選したことには疑問の声が。SNS、ネット上では「実績しか見てない感じ。菅野とか大野とか田中とか。今季の成績見てると正直微妙。宮城が選ばれないのがそもそもおかしい」、「宮城はいれるべきじゃないか?左だし高校の代表では一番良かったくらいなんだし。今のNPBで見ても屈指の左腕と言える投手だと思っていたんだが」などのコメントが。

 

 実績重視にも映る今回の侍ジャパンの命運はいかに――。