New Road(ニューロード)

menu

カナダ体操代表がコロナ理由に東京五輪予選出場断念に、「不参加国が増える」の声が

 カナダの体操代表チームが新型コロナウイルスの感染拡大が収束しないことを理由に東京五輪予選への出場を断念したことを発表した。

 

 カナダ代表は、6月4日から13日までブラジル・リオデジャネイロで開催される東京五輪最終予選を兼ねた南北アメリカ大陸選手権に選手を派遣しないことを決定。カナダ紙・グローブアンドメール」によると、カナダ体操代表の最高責任者であるイアン・モス氏は「今回の大会は健康と安全に対するリスクが高すぎて、競技を検討できないと判断した」と五輪への出場を断念した理由を説明。「国際的な大会に出場する際には、さらなる懸念を考慮する必要がある」と指摘。今後は他の競技も含めて辞退の流れが加速する可能性を示唆した。

 

 東京五輪は、北朝鮮が「選手を新型コロナウイルスから守るため」不参加の意向を表明しているが、先進国のカナダが断念したことは大きな意味を持つ。SNS、ネット上では、「おそらくこれを皮切りに次々と辞退国が出るんじゃないかな。辞退国がこのままたくさん出ればオリンピックとして成立しないんじゃないかな。中止に追い込むためにも辞退国が増えてほしいな…」、「カナダの判断は、大多数の日本国民と同じ考えだと思う。経済とか色々兼ね合いがあって難しいだろうけど、本音言って正直なところ、世界中でコロナ蔓延して大変な最中にオリンピックやろうとは思わないだろう」などカナダの体操代表チームの意向に理解を示し。五輪開催の中止を望むコメントが目立った。