New Road(ニューロード)

menu

恵俊彰が聖火リレー参加で番組途中欠席 視聴者から非難集中

◆緊急事態宣言下に東京から鹿児島へ

タレントの恵俊彰が28日、MCを務めるTBSの情報番組「ひるおび!」を途中欠席したことに対し、厳しい声が上がっている。

 

「ワクチン接種を含めて決まってないことが多くて本当にもどかしいが、聖火ランナーを走るために午後の放送は欠席させていただきます」。

 

このように報告し、番組の出演を午前中のみで終えた。その理由は、故郷・鹿児島で聖火ランナーを務めるためだった。東京では緊急事態宣言が出され、他の道府県への移動自粛が呼びかけられる中での行動に「本当に悩んだ」と話し、こう続けた。

 

「都知事は都から出る移動はやめてくださいとおっしゃる。鹿児島からは来てくださいとお願いされる。自分が今どうすればいいのか、聖火ランナーの方は悩まれた方が多いと思うが、悩めば悩むほど頭に浮かぶのは今まで取材してきたオリンピックやパラリンピックの選手や皆さんの顔なんです」。

 

聖火リレーをめぐっては、新型コロナウイルスの感染リスクから感染自粛の呼びかけや、ルート変更の対応が取られている。また、新型コロナの感染拡大に歯止めがかからない状況に、聖火リレーや五輪開催に反対する声も大きい。

 

「ひるおび!」では連日、新型コロナ関連の情報を取り上げ、外出自粛も呼びかけている。その中で、東京都から鹿児島県に移動し聖火ランナーを務める恵俊彰に対し、厳しい意見が多い。

 

◆「悩んだ末の決断」に視聴者は

視聴者からは「気持ちは分からなくはない」、「他にもランナーを務めているタレントはいるし、それぞれが判断基準を持って、参加か辞退を決めればいい」と理解を示すコメントがある一方、情報番組のMCとして判断が正しかったのか疑問を投げかける人が多い。

 

インターネット上には「普段は政府を批判していながら、自分の行動を正当化しているように見える」、「番組では連日、医療のひっ迫や飲食店の苦境、外出自粛を我慢する苦労などを伝えている。それでも自分は緊急事態宣言が出ている中、東京都から移動するような人の言葉には説得力がなくなる。移動を認めた局も同様で、危機感や当事者意識が薄いと感じる」、「この番組は今後、移動を自粛してくださいと呼びかけられなくなった」などのコメントが並んだ。

 

また、聖火ランナーを務める理由を「是が非でもやるべきだとは思っていない」としながらも「一縷の望みがあるのならやってほしい。それを考えたらやれることをやってみようと決断した」と話したことについても、視聴者からは「どちらかというと反政府寄りの番組MCが聖火リレーに参加したら、番組の方針がぶれそう」といったコメントもあった。