New Road(ニューロード)

menu

五輪中止発言の二階氏「開催支持に変わりない」に、世論は「意外な反応」が

 

 自民党の二階俊博幹事長が15日、新型コロナウイルス感染がさらに拡大した場合に東京五輪・パラリンピックの中止が選択肢も検討しなければいけないと語った自身の発言について釈明。「何が何でも開催するのかと問われれば、それは違うという意味で発言した」と釈明する文書を発表したと大手メディアが一斉に報じた。二階幹事長は開催の可否について大会関係者が決定することを強調した上で、「ぜひ成功させたいという思いだ」と開催への思いを語ったという。

 

 永田町の政治部記者は「二階さんも開催が前提で発言したのだと思うが、切り取られてしまった部分はある。ただこういう切り取られ方は予測もできたと思う。立場の大きさを考えると、ちょっとまずかったなとは思いますね」と話す。

 

 SNS、ネット上では「一度発した政治家の言葉は元に戻りませんよ、二階幹事長。今まで政府は一枚岩でオリンピックは必ず開催すると国内外に発信してきた。外国メディアは一斉にこの日本政府中枢の政治家の発言を元にオリンピックを中止すべきと記事を発信しますよ。国民の同意(賛同)も得られず、ワクチン接種も間に合わない、変異型ウィルスの感染拡大も止められない、どう考えてもオリンピック開催は無理でしょ」と批判的な意見がある一方で、違う見方も。

 

「言いたいことは分かりますよ。だってどう考えても今の状況でオリンピックを開催するのには無理があるでしょう。生きるか死ぬか…と、お仕事面でも大変なご苦労をされている方も大勢居るこの国で、今やらないといけない事なのでしょうか」、「さすがにこの件は二階の思いつきで発言したわけではないでしょう。菅から世論の探りを入れてほしいと頼まれたのでは。政府も大阪、東京に緊急事態宣言を出して、解除が6月になることを見越して中止の段取りを考えているのだろう」という意見も見られた。