New Road(ニューロード)

menu

マスターズ制覇の松山英樹 戦前オッズ1%的中した「ファンの言葉」に驚きの声が

 男子ゴルフでマスターズ制覇を飾った松山英樹。アジア人としては初の快挙を、欧米のメディアも大々的に報じている。

 

 その中で注目を集めているのが、米国スポーツチャンネル・ESPNの報道だ。同チャンネルは「木曜日の時点で(大手ブックメーカーの)ウィリアムヒルによる優勝争い予想において、松山に賭けられたのは全体のわずか1%だった」と紹介。松山のパフォーマンスを称賛すると共に、番狂わせのメジャー初制覇であることを明かした。

 

 マスターズを毎年取材しているゴルフ雑誌の記者は「この報道は松山が弱いということを伝えたいのではありません。トッププレーヤーが集まっている格式高い大会でいかに優勝することが難しいかを表現しています。まぐれや勢いではマスターズは勝てない。松山のマスターズ制覇は歴史的偉業なのです」と強調する。

 

 ヤフーのコメント欄には、「はい、自分が当てました!ロス在住です、トーナメントが始まる1週間前、配当が、ギャンブルのオッズ、アメリカ表記で、+4000(40倍)出てました。初めは10ドル、コネクションエラーが出たので、もう一度試し、今度は20ドル、結局前のも、プロセスされていて、合計30ドル賭け、1200ドルになりました。金額どうこうより、なんか、不思議な感覚でした!もちろん、初日から、テレビに釘付けで応援していました!」と松山の優勝を的中した人物の喜びの声が。「当てる人は日本人だろうと思ったらやっぱり。アイアンセット良いの買える!おめでとうございます」、「3千円と少し賭けて、12万円超?キャー!!なにか奢って〜!」と祝福や驚きのメッセージが書き込まれていた