月: 2022年3月

審美系スポーツの「食の革命」。低体重から健康・プロポーション重視へ

審美系のスポーツは身体能力や技術、芸術性で競われる。外見の要素も影響すると考えられ、食事制限が課せられることが少なくない。しかし摂食障害や運動性無月経、骨粗しょう症などが報告され、例えば新体操団体の日本代表・フェアリージャパンを指揮する山崎浩子さん(19... 続きを読む

たかはし 藍 (たかはし あい)たかはし 藍(たかはし あい…

2週間で40~50年分も老いる!?不活動期間における筋力低下

健康のために、日々の運動が大切であることは言い尽くされてきた。運動不足は筋力低下をもたらし、さらにさまざまな健康上の問題を引き起こす。しかし、もし何らかの事情で運動がまったくできなくなったとき、筋肉は一体どれほどの量とペースで衰えるのだろうか。そこには怪... 続きを読む

メジャーリーガーが無意識に行っている、練習以外で能力を伸ばす上達の秘訣

子どもの頃に養う能力は、その後にも大きな影響を与える。スポーツにおいても同様だが、能力の伸ばし方に頭を悩ませる大人は多いだろう。スポーツにおける能力開発を専門としているパフォーマンスドクターの松尾祐介氏は、現在はプロ野球選手やオリンピック選手などの一流選... 続きを読む

ショート・スプリント・インターバルとHIIT、心肺機能強化により効果的なのはどちらか

HIIT(高強度のインターバル・トレーニング)が注目を集め始めるずっと以前から、アスリートの心肺能力を高めるための方法としてインターバル・トレーニングの効果はよく知られていた。陸上競技、特に長距離走の選手にとって、間にジョグを挟みながら400mトラックを... 続きを読む

スマートウォッチがなくても大丈夫!専門施設へ行かずにVO2Maxを計測する方法

スマートウォッチが普及したことで、身近になった言葉の1つに「最大酸素摂取量(VO2Max)」がある。VO2Maxは強度の高い運動時に体が消費する酸素の最大量を示し、特に耐久系アスリートの心肺能力を評価する上で重要な指標になるものだ。このVO2maxは「m... 続きを読む