New Road(ニューロード)

menu

「ホッケー」はどんな競技?意外と知らない東京五輪の競技種目

ホッケーはその競技名こそ知っていても、日本ではあまり馴染みのない競技かもしれない。しかし東京五輪のホッケーには、数多くの見どころがある。ここで、ホッケーの競技概要や見どころを解説しよう。ぜひ、どんな競技か確認してみてほしい。

ホッケーの競技概要

ホッケーはサッカーコートより少し狭い、屋外人工芝のコートで行われる。試合時間は15分×4クオーター(Q)の計60分。先の曲がった棒(スティック)を使って、相手のゴールに野球ボールと同じくらいの球を入れた回数(得点)を競う。1チームの人数はゴールキーパー1人とフィールドプレーヤー10人で、サッカーと同様だ。

ホッケーの見どころは、何といってもゴール前の駆け引きでだろう。スティックを巧みに使い、相手を翻弄しながら繰り出すシュートは時速200km以上に及ぶこともあるのだとか。対するゴールキーパーのダイナミックな動きにも注目で、まさに一瞬も目を離すことができない。

東京五輪にはサムライジャパン(男子チーム)とさくらジャパン(女子チーム)、両チームがアジア大会を優勝してオリンピックに出場する。サムライジャパンは、なんと52年ぶりのオリンピック出場。そしてさくらジャパンは、5大会連続のオリンピック出場だ。日本代表は1932年のロサンゼルス大会で男子チームが銀メダルを獲得して以来、メダルが獲得できていない。東京大会という舞台で、メダルを獲得することができるのか。その瞬間を見逃さないよう、競技スケジュールや出場選手についても確認しておいてほしい。

東京五輪|ホッケーの競技スケジュール

オリンピックでは男女各12チームが出場し、予選リーグと決勝トーナメントで順位が争われる。

  • 724日(土)~731日(土)男子予選リーグ、女子予選リーグ
  • 81日(日)男子準々決勝
  • 82日(月)女子準々決勝
  • 83日(火)男子準決勝
  • 84日(水)女子準決勝
  • 85日(木)男子決勝
  • 86日(金)女子決勝

東京五輪|ホッケーの日本人出場選手

<男子>

  • GK|吉川貴史:26歳、中日コプロ()
  • DF|山下学:32歳、()とやまアイホーム
  • DF|膳棚大剛:28歳、ゴールド工業()
  • DF|大橋雅貴:28歳、北関東綜合警備保障()
  • DF|山田翔太:26歳、(公社)ぎふ瑞穂スポーツガーデン
  • DF|霧下義貴:22歳、(公財)栃木県スポーツ協会
  • MF|三谷元騎:30歳、越前町役場
  • MF|田中世蓮:28歳、(公社)ぎふ瑞穂スポーツガーデン
  • MF|落合大将:27歳、北関東綜合警備保障()
  • MF|田中海渡:25歳、表示灯()
  • MF|永井祐真:25歳、()ホンダロジコム
  • FW|田中健太:33
  • FW|北里謙治:32歳、飯能市役所
  • FW|村田和麻:29歳、グランディハウス()
  • FW|山﨑晃嗣:25歳、()SCREENホールディングス
  • FW|渡辺晃大:24歳、越前町役場

<女子>

  • GK|浅野祥代:34歳、()岐阜多田精機
  • DF|及川栞:32歳、()岩手めんこいテレビ
  • DF|星希⺒加:25歳、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ()
  • DF|狐塚美樹:25歳、グラクソ・スミスクライン()
  • DF|錦織えみ:28歳、コカ・コーラボトラーズジャパン()
  • DF|浅井悠由:25歳、コカ・コーラボトラーズジャパン()
  • DF|松本夏波:25歳、コカ・コーラボトラーズジャパン()
  • MF|真野由佳梨:27歳、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ()
  • MF|永井葉⽉:26歳、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ()
  • MF|瀬川真帆:25
  • MF|尾本桜⼦:23歳、コカ・コーラボトラーズジャパン()
  • FW|⿃⼭⿇⾐:26歳、()南都銀行
  • FW|野村⾹奈:31歳、()南都銀行
  • FW|永井友理:29歳、ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ()
  • FW|⼭⽥明季:28歳、コカ・コーラボトラーズジャパン()
  • FW|森花⾳:25歳、コカ・コーラボトラーズジャパン()
  • FW|三橋亜記:コカ・コーラボトラーズジャパン()
  • FW|田中花歩:ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ()

まとめ

これまで、ホッケーの試合を見たことがないという人は多いかもしれない。しかし男子は52年ぶりのオリンピック出場と、日本が勢いに乗るスポーツだ。そのスピード感や戦略、そして攻防は見ごたえ抜群!これを機に、ぜひホッケーに注目してみよう。

▼参考
日本ホッケー協会「オリンピックTOKYO2020