New Road(ニューロード)

menu

竹島表記問題 韓国世論で高まる「東京五輪ボイコット」に、日本国内で怒りの声が

 

 東京五輪ホームページにおける竹島(韓国名・独島)の表記問題で、韓国のネット上で東京五輪のボイコットを望む意見が高まる事態になっている。

 

 竹島の表記問題を巡り、韓国側が削除を要求したが日本政府は拒否。国際オリンピック委員会(IOC)も介入しない方針を示し、韓国の政治家たちは不満を示している。SNS、ネット上では「対馬は韓国の領土。納得できないし東京五輪に出る必要はない」、「このまま竹島問題で日本が譲らず、IOCも現状を黙認するようなら五輪に出場しなくてよい」などボイコットを望む意見が少なくない。

 

 この状況に日本のネット上では、「今まで日本政府はこのような無法な要求に、いつも。いつも譲歩していわゆるオトナの対応をとってきた、その結果彼らはいよいよ増長して暴走炎上の限りを尽くしてきた。だがもう日本はあなた方の無法な要求に断じて、譲歩しませんよ」、「純粋たる侵略行為。日本以外なら即戦争になりかねない行為なんだけど…。国際司法は拒否して自己勝手に侵略して、悪いのは日本だ。いい加減にして欲しい」など怒りや不快感を示すコメントが。日韓関係が良好とは言えない状況で、新たな火種になることが懸念される。