New Road(ニューロード)

menu

U24日本代表が3-0でアルゼンチンに快勝 横内監督に絶賛の声が

 東京五輪世代のU-24日本代表がU-24 アルゼンチン代表と国際親善試合第2戦を行い、30と快勝した。FW林大地が先制点を決め、後半はMF久保建英のCKからDF板倉滉のヘディングで2点を奪って突き放した。26日の第1戦で01と敗れた強豪相手に、五輪の1次リーグと同じ中2日という厳しい日程で白星をつかんだ意義は大きい。

 

 南米予選首位で五輪切符をつかんだアルゼンチン相手に、会心の内容だった。00の前半45分、相手DFの裏を取ったFW林がロングフィードに反応し、右足で先制ゴール。追加招集された点取り屋の鮮やかな1発で試合の流れを引き寄せた。後半はアルゼンチンの攻勢に合う場面もあったが、前線からプレスをかけてパスコースを切り、守備陣も体を張って決定機を許さない。後半は2328分と立て続けにMF久保の左CKからDF板倉がヘディングで追加点を奪って勝負を決めた。

 選手と同様に評価を上げているのが横内昭展監督だ。五輪代表の監督を兼務している森保一監督がA代表の指揮に専念するため、「代役」を務めたが見事な試合を展開。ネット上では「初戦見たときは正直どうなることかと思っていたけど、ここまでの修正能力は素晴らしい。監督の采配に厳しさを感じたし、期待値は高まるばかり。本番も五輪はこの監督でお願いしたい。いいや、お願いします。すいません、ぜひ引き受けてください。横内監督」、「本当に中2日で良く修正したと思う。監督、スタッフの指導が良いのかも。また先発から三好、三笘を外して板倉をボランチにした采配も当たっていたと思う。本戦の監督もこのままで良くない?」など東京五輪でも指揮をふるうことを熱望する声が多かった。