New Road(ニューロード)

menu

田中将大の楽天復帰に芸人も歌手も歓喜 ファンクラブ名誉会員の声優は「涙がとまらん」

ヤンキースからFAとなっていた田中将大投手の楽天復帰に沸くのは、プロ野球界だけではない。芸能界からも歓迎と歓喜の声が上がっている。

◆サンド伊達 田中獲得を球団社長に直談判

楽天の本拠地がある仙台市出身のサンドウィッチマン伊達みきおは、「おかえり☆将大くん。」のタイトルで自身のブログを更新。「田中将大投手が、我が東北楽天ゴールデンイーグルスに帰ってくる!!やったね(^^) イーグルスのエースから、世界のエースになったまー君。また、イーグルスを選んでくれて本当に嬉しいね☆」とつづった。

 

球団の立花陽三社長に会うたびに田中獲得を懇願し、「契約金で1万円出します」と身銭を切る考えまで伝えていたという。獲得が決まると、立花社長から直接、電話で報告を受けた。楽天復帰が決まった田中本人にも連絡し、「東北を盛り上げられる様に頑張ります!」と返信が届いたことを明かした。楽天ファンで知られる伊達は始球式を務めたり、相方の富沢たけしと一緒に毎年、シーズン開幕戦に花を贈ったりしている。

 

◆ファンクラブ名誉会員の山寺「涙がとまらん」

球団初年度の2005年、ファンクラブ名誉創立会員に就任した声優の山寺宏一も、喜びを爆発させた。自身のツイッターに2017年に撮った田中との2ショット写真を載せ「マー君が震災から10年目の年にイーグルスに帰って来てくれる!涙がとまらん。本当にありがとう!」と投稿している。山寺は宮城県塩釜市出身。22人が就任した楽天のファンクラブ名誉創立会員で、会員ナンバー「8」となっている。

 

◆会員ナンバー「1」はロック歌手

参考までに、会員ナンバー「1」は山寺と同じ塩釜市出身の歌手・大友康平。他には、女優の涼風真世(宮城県石巻市出身)や、元大相撲力士でスポーツキャスターの舞の海秀平(青森県鯵ヶ沢町出身)らがいる。

 

◆田中が登場曲「あとひとつ」再現は?

元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤はツイッターで「正式発表きた―――!ずっとツイート我慢してた!笑 楽しみだ―――!!」と投稿している。田中は楽天に所属していた2010年に、同グループのシングル「あとひとつ」でジャケットを飾り、試合の登場曲にも使っていた。ファンキー加藤は楽天の本拠地で熱唱したときの写真と併せて「もしもまた楽天イーグルスの球場で歌わせてもらえる機会があれば『あとひとつ』、『告白』、『吼えろ』、『On Your Markで、セットリスト確定です笑。』」と続けている。

 

◆メジャーからは惜別の声

注目されていた田中の去就は、8年ぶりの日本球界、楽天復帰に決まった。アメリカでも大きく報道され、ヤンキースのチームメートからは別れを惜しむ声も届いている。1人の選手の移籍に野球界を超え、日本国内を超えて反響があるのも、田中将大が唯一無二の存在である証だろう。