New Road(ニューロード)

menu

野球一家のDeNA 新人左腕の家族への思い

プロ野球は各球団で新人合同自主トレが始まった。トレーニング参加に先立ち、新人たちは球団の寮に入る。そして、その際にどんなものを持ってくるのか毎年、注目されている。横浜DeNAのドラフト6位・高田琢登投手(静岡商業)は、祖母の畑で収穫されたミカン10個を持参。地元・静岡県の特産品を1日1個は食べて、ビタミンを補給しているという。

ドラフトで指名を受けて祝福される高田(左)と父・晋松さん

高田は家族への思いが人一倍強い。小学3年生までは、静岡の代名詞ともいえるサッカーをしていたが、父親との約束で小学4年生から野球を始めた。あっという間に頭角を現して、中学3年生でストレートの最速は139キロまで伸びた。シニア日本代表にも選出され、県内外の甲子園常連校から誘いを受けた。しかし、甲子園やプロへの近道に関心を示さず、進路に選んだのは父・晋松さんが監督を務める静岡商業だった。

 

◆名門校の誘い断り「父と甲子園に」

「父と甲子園に行く」。明確な目標に向かい、高田は1年生の時から夏の静岡大会でマウンドに立った。2年生の夏はエースナンバーを背負ったが、準々決勝で敗退。センバツをかけた秋の東海大会では、初戦でコールド負け。甲子園には届かなかった。

 

そして、聖地へのラストチャンスとなった昨年の夏。新型コロナウイルスの感染拡大で、大会が中止に。挑戦さえできず、父と一緒に甲子園に行く夢は消えた。それでも、静岡県独自の大会ではチームをベスト4に導いた。前年夏の覇者で最大のライバル・静岡高校との準々決勝では2失点で完投した。

 

◆甲子園の勇姿を父と仲間に約束

父と二人三脚で歩んだ高校野球に幕を下ろした高田。高校最後の試合を終えると、次の目標をチームメートに力強く宣言した。「自分が甲子園に招待します。いつになるか分からないが、頑張るのでその時まで待っていてください」。プロ野球選手として甲子園のマウンドに立ち、その勇姿を仲間に見せると約束した。

 

◆野球のDeNA 託された一家の夢

プロ野球選手は「高田家の悲願」だった。高田の父・晋松さんは静岡高校3年生の時、4番・捕手で甲子園に出場。筑波大学では、首都一部リーグの首位打者に輝いている。さらに、高田の祖父・登さんは社会人野球で選手、監督として都市対抗にも出場。高田の名前「琢登」には、祖父からの一字と高田家の願いが託されている。

 

ドラフト会議で名前が呼ばれた瞬間、会場で隣に座っていた父・晋松さんに強く抱きしめられた高田。野球一家のDeNAを継ぐ左腕は、高田家の夢を実現させた。次の目標は、高校時代の仲間と家族の思いを胸に立つ甲子園のマウンドに定めている。