New Road(ニューロード)

menu

香川県の警察官が東京五輪の聖火リレーで初感染例に、「五輪開催中止」望む声が

 

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、香川県内の五輪聖火リレーで交通規制に従事していた香川県警の30代男性警察官が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。聖火リレーに関する感染例が分かったのは今回が初めて。

 

 組織委員会によると、男性は17日に香川県直島町で行われた聖火リレーで交通規制を担当。業務後に体調不良を訴えてPCR検査を受けた結果、コロナに感染したことが判明した。男性はマスクを着用し、距離を取って対人業務を行っていたという。

 

 このニュースはSNSやネット上で大きな反響を呼んでいる。「聖火リレーの交通規制でマスクをして、人とも距離を取っていたにもかかわらず感染した。五輪本戦でもこのような事態は考えられる。五輪を本当に開催した方が立ち止まった方がいいのでは」、「変異型ウイルスが拡大している中、聖火リレーはリスクが大きすぎる。ましてや海外から多くの人が集まる五輪を開催するなんて、ちょっと理解できないです」など中止を望むコメントが目立った。