New Road(ニューロード)

menu

巨人・井納がファームで7回6失点…試合後の「発言」に大きな反響が

 巨人・井納翔一が7日のイースタン・ロッテ戦(ジャイアンツ球場)に先発。7回9安打6失点と1軍昇格をアピールできなかった。

 井納は1回2死から福田秀平に右越えソロを被弾。2回は1死から6連打の集中打を浴び5失点と不安定なまま。3回以降は無安打投球と調子を取り戻したが、序盤の失点のイメージが悪い。

 複数のスポーツ紙報道によると、「最初は慎重になり過ぎたり、丁寧にいき過ぎた。三回以降は大胆にいけたことでリズムも取り戻せた。次回は最初からできるようにしたい」と語ったという。ネット上では、「34歳プロ10年目の投手が言うセリフじゃないよね。いままで何してきたんだろう。井納のキャリアだったら昨日のロッテの石川みたいな投球しないと」、「立ち上がり丁寧に投げてこのザマ!じゃぁ、慎重に、慎重に投げたら打たれなかったって言いたい訳?何かミジメ。何の為に巨人来たの?」など手厳しいコメントが。

 井納は移籍後初先発した3月31日の中日戦(バンテリンドーム)で2回途中4失点KO。先発ローテーションの一角を期待されながら、1試合の登板で2軍降格の屈辱を味わった。球団OBは「2軍で乱調が取り上げられるのは巨人にFAで入った選手の宿命。信頼を取り戻すためには結果を残すしかない」と期待を込めていた。