New Road(ニューロード)

menu

松山英樹に感謝する移籍後初勝利 ダルビッシュ7回1失点の好投

◆松山が優勝インタビューで

パドレスのダルビッシュ有が、12日(日本時間13日)のパイレーツ戦で今季初勝利を手にした。

 

1点リードの3回、2アウトから安打と暴投で二塁にランナーを背負い、2番のフィリップ・エバンスに同点タイムリーを許した。しかし、続くブライアン・レイノルズを三塁ゴロに打ち取り、最少失点で切り抜けた。

 

その後は1点も許さず、7回3安打1失点、6奪三振で降板。オフにパドレスに移籍して3試合目で初勝利を挙げた。ダルビッシュは試合後にツイッターを更新し「遅くなりましたが松山英樹選手、優勝おめでとうございます。おかげさまで今日の試合気持ちが入りました」とつづった。

 

このコメントは、マスターズを制した松山英樹のインタビューを受けたものだった。優勝後のインタビューで「アメリカツアーに挑戦したいと思う若い子が増えそうか」を問われた松山は「野球ではダルビッシュさんや前田健太さん、大谷くんがいるが、ゴルフは僕しかいないので、必然的に僕になるのでしょうが、自分がもっともっと活躍して、日本にニュースを届けられたら、僕を目指してくれる子も増えるのではないかと思う」と答えている。

 

スポーツ紙の報道によると、ダルビッシュと並んで松山から名前を挙げられたエンゼルスの大谷翔平は試合後の会見で「喜ばしいことですし、すごいなと思っていました。(移動中の)機内で優勝したと知った」と語った。

 

◆マエケンも大谷も祝福

ツインズの前田健太は自身のツイッターで「松山選手おめでとうございます。そして名前を出して頂きとても嬉しい」と投稿。13日(日本時間14日)のレッドソックス戦に登板する予定で、ダルビッシュに続き“松山効果”で白星を手にできるか注目される。