New Road(ニューロード)

menu

ヤクルト・石川が3回9失点の炎上も…もっと心配な「主力選手」とは

 ヤクルト・石川雅規が17日の広島戦(神宮)に先発登板で3回8安打9失点と大炎上。前回登板も1回2/3を7失点と2試合連続で大量失点の内容で、開幕ローテーション入りが厳しい状況になった。

 

 打線も3安打のみで、得点圏に進めたのは6回のみ。011と大敗を喫した。広島とのオープン戦は3戦3敗。いずれも無得点と屈辱の結果だ。特に状態が気になるのが、今季から主将に就任した山田哲人だ。この日は「3番・指名打者」で先発出場し、2度の空振り三振に倒れるなど3打数無安打。オープン戦は11打数1安打、打率.091と調子が上がらない。下半身のコンディション不良で欠場することもあり、万全の状態とは程遠い。

 スポーツ紙のヤクルト担当記者は「山田の活躍なしではヤクルトの上位浮上は考えられない。ただ現状を見ると、体が重いように感じる。開幕まで1週間余りなので心配ですね」と話す。オープン戦は残り3試合。トリプルスリーを3度達成した天才打者がきっちり開幕に合わせて調子を上げることを願うばかりだ。